塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ハウスサポート秋川の現場ブログ 記事一覧

2016年11月21日 更新!

塗り替えリフォームの良し悪しは職人ではなく担当者!?

築10年を越えてきた頃、訪問販売の方がいらして、すごく親身になって外壁診断をしてもらった。人柄がとても良いからここに頼もうかしら?そう思っている方は、結構多いのではないでしょうか? でも、本当にそこの業者で大丈夫ですか?そのもらった見積書の内容、お話の内容はそもそも信頼できるものですか? うっかりしていると、手抜き工事をされてしまうかもしれません。 そんな失敗をしないためにも「外壁塗装業界裏話」について話していきます。 今回は第2弾!塗装業者選びのコツについてです! 担当社の人柄だけで選ぶのは危険・・・! 塗り替えリフォームの良し悪しを決めるのは、様々な要素があります。 たとえ職人さんが完璧な仕事をしたとしても、営業担当者とのやり取りで嫌な思いをしたら「悪いリフォームだった」となってしまいます。塗り替えリフォームの良し悪しは何と言っても実際に施工する職人さんが全てです。 とは言え、私の経験から言わせてもらうと、ほぼ全ての職人さんはしっかりとした技術を持っています。しかし実際には「手抜き工事」や「不良施工」が後を絶ちません。なぜそのような事がおきるのかと言うと、「元請」がお客様から仕事を頂き、「下請け」として職人さんを使うという構図が出来上がっているため、「元請」が決めた予算と仕様に合わせて職人さんが施工をします。その為「元請」の仕様が間違っていたり「予算」が少なすぎたりすると職人さんは手の打ちようが無くなります。 現在は多種多様な外壁や屋根の種類があり、さらに数千種類の塗料の組み合わせからベストな物を選択する必要があり、圧倒的な「知識」が必要になります。ここで言う「知識」とは「塗り替えリフォームの為の知識」であり、一般的に知られている「建築士」などの「免許」や「資格」はほとんど意味がありません。建築士である私が言うので間違いありません(笑) 担当者の知識を確かめる質問をすることが失敗しないコツ 一般の方が業者選びをする際は、とにかくその担当者の知識を徹底的に確認してください。 自分の家の外壁や屋根の特徴は?なぜその材料を選んだのか?塗料はどのメーカーのどんな材料を使うのか?錆止めに使う材料は?工事の手順は?使用する材料の特徴は?材料は何缶使うのか?塗料の乾燥時間は何時間か?ひび割れの処理の仕方は?等、とにかく細かく質問をしてみて下さい。 「そういったことは職人と打ち合わせして・・・」とか、「私は営業なのでそこまで細かい所は・・・・」等の返答は問題外 なぜならばその営業担当者が指示した内容で職人段は工事をするのですから。まずは「人柄」ではなく「知識」を確かめる事に重点をおくと失敗する確率は劇的に減ると思います。大切な家を守るためにも信頼の置ける業者に頼みましょう! ▼外壁塗装のお見積もりで悩んだら、まずはプロタイムズあきる野店へご相談ください!

MORE

2015年7月1日 更新!

あきる野市 O様邸 作業進捗 

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です 本日はあきる野市 O様邸の作業進捗の続きをアップします。 O様邸は梅雨時にも関わらず、ほぼパーフェクトに雨が降らずに作業が順調に進みました! 毎年思うのですが、梅雨時は案外作業が出来る日が多いですね! さて、前回までに塗装作業の前工程(補修やVカット処理)も終わり、塗装工程に入ります。 サッシ廻りなどの養生を行い、まずは下塗から行います。 前回Vカット処理をし、柄をつけた所も下塗をした時点でほとんど解らなくなりました! この下塗材は、次の工程に進むのに4時間以上の乾燥時間が必要なので、しっかりと守って中塗りに進みます。 まずは中塗りです。 そして上塗りです。 実際には乾燥時間があるので、下塗、中塗り、上塗りで3日にわたって行いました。 Vカット処理した部分もほとんど解らなくなり、O様にも「以前のミミズがはった様な後が綺麗に消えてる!」と言ってもらえ一安心です! そして、雨樋や雨戸の塗装も行い完了となります。 一通りお約束した部分の塗装工事は終わったのですが、少し時間が余ったので濡れ縁の塗装も行っておきました。 大体の現場でもそうなのですが、塗装工事は塗り始めるまでに時間がかかります。 塗り始める前の仕事は仕上がった後には消えてしまうので、何に時間を使っていたのかパット見た目にはわかりません。。。。 実際にO様邸では、Vカット処理に6人工、塗装工程に5人工かかりました。 塗装工程にはケレン作業や養生なども含まれているので、実際には塗るのは正味4日位でした。。 足場を立ててから1週間くらいで早くも足場を解体している業者さんをたまに見かけますが、塗装工程のみでやっているんだろうなと思います。(それにしても塗料の乾燥時間を守っていたら1週間では終わらないと思いますが。。。。) 何はともあれ、順調に完了したので良かったです!O様ありがとうございました! では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE

2015年6月25日 更新!

現場進捗 あきる野市O様邸

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です 前回に引き続き、あきる野市 O様邸の作業進捗をお届けします。 前回、ひび割れのVカット処理をし、水が浸入しないようにコーキングを打つ所まで行いましたので、次は高圧洗浄です。 高圧洗浄の目的は、塗装する面をきれいにする事はもちろんですが、旧塗膜で悪いものも合わせて吹き飛ばすという目的があります。 ですので、より強力にする為に特殊なノズルを使い、水が回転して出るようにします。 次に鉄部や雨樋などをケレンします。 そしてサッシ廻りなどの養生をして、先日Vカットした所を樹脂モルタルで埋めていきます。 モルタルを乾燥させた後、柄をつけていくのですが、その前により密着させるためにシーラーと呼ばれる塗料を塗っていきます。 シーラーを乾燥させてから、ガラの吹付を行います。 ここまでやって、ようやく通常の塗装工程に入ります。まるで1日でここまで進んだように見えますが、すでに6人工使っています。。。。 次回は通常の作業工程と、Vカット処理を行った場所の仕上がりをアップしていく予定です。 では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE

2015年6月20日 更新!

現場進捗 いろいろ編

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。。。。 今週から久しぶりに自分の担当現場が始まったので進捗ブログを復活させます。。 と、その前に、前回の担当現場が終わってからの色々な作業をアップしてみます。 まずは、正木さんが入っている現場の手伝い編です。 いつものように屋根の棟釘の浮きをビスで打ち直します。 外壁サイディングのつなぎ目の部分の隙間を埋めていきます。 以前にも書きましたが、この作業をしなくても雨水が建物の中に入るわけではありません。ただ、美観的にこの作業を行った方が良いと思うからやっているだけです。。 そして雨樋が割れている所があったので部分交換しました。 といった具合にこのほかにも補修等行いました。 手伝いに行ってもほとんどペンキを触らない日々が続きます。。。。 その他にも池田さんが塗装をした現場のベランダウレタン防水を行ったり 来月着工予定の羽村市S様邸の下塗材のパッチテストを行ったり 擁壁部分の塗装の下処理を行ったりしてました。 自分の担当現場は無かったのですが、結構あちこちにやる事があり忙しく動き回っていました。 そして久しぶりの自分の現場、あきる野市O様邸です。 O様のお宅はモルタルの外壁で、非常にクラックが多い状態です。 高圧洗浄の前に、ひび割れの処理を行います。 まずはひたすらVカットを行います。 表面上はこの程度のひび割れも Vカットしてみると下のラス網までヒビが貫通しています。 この作業をひたすら何十本も行います。 次にコーキング材でシール処理を行います。 まずはとプライマーと呼ばれる接着材を塗布します。 上側の濡れている色の部分プライマーの塗布済みの所です。 そしてコーキング材を注入していきます。 ここまでの作業で、2人で丸一日かかりました。 この後はモルタルを塗って柄合わせを行うのですが、その作業は高圧洗浄の後に行います。 久しぶりの投稿で盛りだくさんになってしまいましたが、続きは後日掲載しますのでお楽しみに! では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE

2015年5月30日 更新!

5/29 作業進捗 屋根の仕上がり

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です 本日も引き続きあきる野市N様邸の作業です。 今日は朝から曇り空で、絶好の屋根塗装日和です!多少雨の心配もありますが、朝一から屋根の上塗りを行います。 下塗を2回、中塗り、上塗りと全4工程にしたので仕上がりはムラも無くばっちりです! あとは雨が降らないのを祈るだけです。。。。。 屋根の仕上げが11時位には完了し、後はもろもろの仕上げ作業が残っているのですが、だんだんと空が怪しさを増してきたので無理して作業するのを止め、引き上げる事にしました。。 N様には屋根は終わり、残りは明日行う事を伝えました。昼過ぎにN様邸を後にしたのですが、最後の方に塗った部分の表面が乾き始めていたので、きっと大丈夫でしょう。。。。。 ダメならやり直すだけですが。。。。。 さて、明日はやっと仕上がりです。(終わらない可能性がありますが・・・・笑) では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE

2015年5月29日 更新!

5/27.28 作業進捗 

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です 本日もあきる野市N様邸の作業風景をお届けします。 5/26で補修作業も終わり、作業も終盤に差し掛かってきました。(私はほとんどペンキをさわっていませんが・・・・・) 5/27作業進捗 私は朝から屋根の下塗を行いました。親方の池田さんには雨戸の吹付をやってもらいます。 11時位には一通り屋根の下塗が終わり、N様邸を池田さんに任せて、私は先日外壁補修を行ったあきる野市K様邸の内部作業に向かいます。 K様邸は外壁がボロボロになって崩れていたのですが、原因は室内のお風呂場にありました。 お風呂場のタイルとサッシの取り合い部分のモルタルが割れてしまっていて、その部分から水が外に回り込み、下地の木を腐らせて、外壁にまで影響を及ぼしていました。 モルタルを詰め直してもまた割れてしまう恐れがあるので、コーキング材を厚めに充填してK様邸を後にしました。。 3時位には再度N様邸に戻り、朝塗った下塗の状態を確認すると、古い塗装が剥がれていた部分の塗料の吸い込みが激しかったので、少し悩みましたがもう1回下塗材を塗る事にしました。 写真の一番右の列が下塗1回の状態で、左側が2回目を塗った所です。 1回塗っただけの部分でも最初の状態よりはずいぶんましなのですが、この状態のまま塗ってしまうと砂場にペンキを塗っているのと同じ状態になって、直ぐに剥がれてしまいます。 後で大変な思いをするのは結局自分ですから、2~3時間程度のロスなのでしっかりと下塗2回目を行いました。。。。 こういったプラスαの仕事が出来るのも、池田さんが私の代わりにガンガン進めてくれているからですね(笑) 吹付作業の風景です。写真は錆止めを塗り終わった所です。 吹付には温風ガンという特殊な機械を使います。昔の吹付と違って、素手で作業出来る位飛散しない仕組みになっています。 雨戸の塗装も無事に終わりこの日の作業は終了です。 5/28 今日は私は午後から打合せ等が入っているので、午前中だけの作業です。(その間に池田さんに進めてもらいますが。。) まずは屋根の中塗り(色の1回目)を塗っていきます。N様邸は中塗りと上塗りを同系色ですが違う色で塗っていきます。 さすがに下塗を2回塗っておくと仕上がりの良さが違います! 池田さんには雨樋や換気扇など細かい所を回ってもらっています。(写真を一切取り忘れました。。。。。) さて、中塗りを終わらせるとすでに昼前でしたので、この日の私の作業はここまでです。 明日は屋根を仕上げてその他もろもろ仕上げていきます! では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE

2015年5月27日 更新!

5/26 作業進捗 やっと補修完了。。

皆さまおはようございます。 あきる野市の屋根・外壁塗装専門店  プロタイムズあきる野店 代表&職人の矢崎です 本日も引き続き、あきる野市 N様邸での作業になります。 今日も2人での作業なので、外壁の中塗りの残り、上塗りとガンガン進めてもらい、私は残っている補修作業を行います。 まずは、コーキングのブリッジ工法を行った部分の仕上げを行います。 ブリッジ工法を行うと、高さ1CM、はば1CMでコーキングが浮き上がっている状態になります。このままでも問題は無いのですが、角の部分を斜めにすることでカッコよくなります(自己満足の部分もありますが、コーキングがはがれにくくなるという機能面もあります) この作業をブリッジ工法でコーキングをした場所全てに行っていたら、早くも昼過ぎになってしまいました。。。 その間に外壁は順調に進んでいます!(自分のやっている場所以外の写真を撮れませんでした。。。。) その他、細々したことを行っていたら、早くも2時を過ぎてしまい、屋根の下塗をしようか悩んだのですが、追わななかったら中途半端になってしまうので、タスペーサーと補修を先にしてしまう事にしました。 このタスペーサーを設置することで、水の抜け道をしっかりと確保でき、雨漏りのリスクを減らす事が出来ます。縁切りと呼ばれ、昔はヘラなので隙間を作っていたのですが、このタスペーサーを差し込む工法の方がはるかにしっかりと水の抜け道を作ることが出来ます。 タスペーサーも設置し終わり、スレート瓦のひび割れ補修を行います。 2液のエポキシパテを使い補修していきます。 細かいヒビなども全て補修を行います。 これで一通り補修関係は終わりになり、明日からは屋根を塗っていきます。 では 東京都あきる野市の外壁塗装、塗り替えなら プロタイムズあきる野店へお任せください。 https://h-support.co.jp/

MORE